インターネットが社会に浸透し、販売チャネルが多様化している。しかし人が購入している事を忘れてはいけない。

インターネットのメリットと注意するべきところ

インターネットのメリットと注意するべきところ

インターネットによる販売方法の多様化

インターネットの世界は、どこまで私たちの生活に浸透していくのでしょうか?月並みですが、インターネットがなければ、この社会は成り立ちません。もちろん人間が作ったものですから良い面・悪い面があります。それがどうこう言う以前に歴然と現代社会の奥底までに浸透しています。最近書店にいくと、インターネットを活用して、月何百万稼ぐ方法、とか副業を始める方法とかいう書籍が目につきます。私も何冊か手に取り、実際購入した本もあります。確かにインターネットの世界では、PCがあれば実店舗を構える必要がないので、経費が断然安いです。24時間ユーザーとも繋がっています。メールによってコミュニケーションのスピードも速いです。こういった面では断然ネットでの売買の方が有利であり、また利用するべきです。

その中で、ネット出品者のコメントで気になる文面がありました。”この商品は○○の倉庫にあるため、現物の状態を確認しておりません”確かに正直な出品者です。おそらくネット上で安く仕入れた商品を、何らかの方法で○○の倉庫に納品して、そこから発送しようとしているのでしょう。確かに出品者にとっては、コスト・労力をかけていません。一見合理的なやり方です。けど商品を見た事もない出品者の商品を私は購入しようと考えません。ネットは便利なツールですが、商品を買うのは人であり。その購買動機は、実店舗もネットも同じと言う事を忘れてはいけないと思います。

Copyright (C)2017インターネットのメリットと注意するべきところ.All rights reserved.